(チェコ)

チェコ共和国観光局

プラハ

市内中心部をヴルタヴァ川(ドイツ語名:モルダウ)が流れる。
古い町並み・建物が数多く現存しており、毎年海外から多くの観光客が訪れる。
プラハ・カレル大学は中欧最古の大学である。尖塔が多くあることから百塔のプラハとも呼ばれる。
ティコ・ブラーエが天体観測を行った天文塔もそのひとつである。
ヤン・フスが説教を行ったベツレヘム礼拝堂などがある。


拡大

チェコはスメタナ・ ドボルザークの音楽家を生み出したところです







百塔の街プラハを一望

プラハ市内 尖塔が多い


プラハ城
かつてボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であり、現在はチェコ共和国の大統領府のある場所である。
ボヘミア国王の宝冠はここで保管されている。
プラハ城は世界でも最も大きい城の一つであり「ギネスブック」によると、最も古くて大きい城である。




ハヴェル大統領護衛官



この横に大統領府がある















城内のステンドグラス







ロマネスク様式のテージー教会





1576年錬金術師の家城の中に出来る。「黄金の小径」カフカの家もある



元学校の先生か楽団員と思われる「前の体制の方がよかった」と云っているよう









ヴルテタヴァ川の水をうまく利用

カレル橋
カレル橋の欄干に点在している聖人の銅像



拡大

橋の入り口

























さわると幸運が訪れる



















カレル橋の芸人達も堂に入ったものだ



























自由化の波で表情がさえない。乞食や若い売春婦も多くいる

ティーン教会14世紀半から16世紀に建てられたゴシック様式の教会




天文時計 1338年建造


時を告げるとき12教徒が窓に現れ鶏がなき骸骨が砂時計のまわりを回る











ヴァーツラフ広場

"1968年" 、いわゆる"プラハの春"において、広場、なかんずく像の元で人々がデモをし、演説をした。
ソ連の介入によってソ連軍の戦車が広場に入り込む事態になり、
抗議するヤン・パラフはヴァーツラフ像の元で焼身自殺を行った。
ビロード革命の際も、人々はここに集まって"ヴァーツラフ・ハヴェル" を城へ」と叫んだ。


拡大

ヴァーツラフ広場の正面を見る

ヴァーツラフ広場の正面から見る





ヴァーツラフ広場の正面


カレル橋の動画

西口 唯一大理石 コール作哲学者 アントニュウス 異教徒改宗者
コスマス パプディスト ピエタ
幼いキリスト ビルガー 聖ヨゼフ F・ザビエル 旧市内へ