ベルリン

(旧東ドイツ)ベルリンの壁の崩壊前、東西とも通貨は「マルク」だったが、東の1マルクは西の1マルクに比べて公定レートで9分の1、ブラックマーケットでは20分の1の価値しかなかった。ところが東のマルクは、西のマルクに吸収されるとき、1対1の比率で西のマルクと交換された。 これは東西の人々を平等に扱うという、コール政権の政治的な配慮から生まれた政策だった。経済の市場原則に従うなら、東西のマルクは20対1の比率で交換された上で、東の人々が貧しくなった分は、後から東ドイツが経済成長することで取り返すのが筋だったが、東西の人々の格差を広げないことが重視された。

 
 
 
東西ドイツを分断したベルリンの壁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 森鴎外も通ったフンボルト大学
 
 
 
 ↑ブランデンブルグ門  
 
 
 
 
 
 
 
コンサートハウス 
 
 
  ぺルガモン博物館
 
 
 
 
 トルコから持ってきた遺跡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



ドリスデン

(旧東ドイツ)北のフィレンツエの別名とおり、エルベ川ほとりに広がるバロックの芸術都市です 音楽家ウェーバーもここで育った
動画

第二次世界大戦の空襲で街そのものが破壊された

 
 
 
復興の聖母教会 
 
 
 
マイセンの陶版画 
 
 
 
 
 
 
ツヴィンガー宮殿(ザクセン候離宮)正面外
ツヴィンガー宮殿(ザクセン候離宮)中庭
ラファエルの絵の他レンブラントグレコ等国宝級の絵画がある
ラファエルの絵



ハイデルベルク

ハイデルベルク城からの眺め

マルクト広場よりハイデルベルクを眺む




ローテンブルグ





各店のユニークな看板




ミューヘン

ミュンヘン市庁舎


ノイシュバンシュタイン城