2020.8.15
終戦記念日にLINEの参加者にお尋ねしました 「お聞かせください8月15日」

平岡良之
75回目の終戦記念日です。当時、近江土山に疎開していた私は夏休みの毎日、川(野洲川の上流)へ鮎を捕りに行っていた。その日は「お昼に重要な放送があるから早く帰ってきなさい」と言われて家を出ました。若い男子は戦争に行って魚は取り放題でした。箱メガネで鮎を引っかける漁法です。早めに帰って玉音放送を聴きました。初めて天皇陛下の声を聴きましたが雑音と難しいお言葉で何にも判りませんでした。横で聴いていた大人の人も、内容を理解できず「敗戦」を認識してませんでした。

みなさん、あの日の思い出をお聞かせください。


十司富夫
私は春日小学校の集団疎開に参加し大江山の麓の村にいました。ラジオ放送も全員で聞きまし たが、なにも理解できない有様。粗末な食事でガリガリに細っていた。良い想い出はありません。


清水 隆
疎開先、石川県美川町(金沢市と小松市の中間、手取川の河口、漁業・農業の町、昔は松前舟で栄えた港) 親戚の家に住んでいました。
玉音放送の当日は、何の用事が町の中を歩いており、各家からのラジオの音(❔)が聞こえてきました。帰宅後、終戦を知り、一瞬、時間が止まり、静寂になったことを記憶しています。全く無感情でした。翌日になって、ようやく、家に帰えられると、ホッとしました。


斎藤富士郎
私は当静岡県沼津市住んでいましたが、7月17日の空襲で家は丸焼けになり、その後縁故を辿って長野県下諏訪にある家に疎開しました。そこで終戦を迎えました。皆さんが言われるようにラジオ放送は何を言っているのかさっぱりわかりませんでしたが、「これで戦争が終わった」という解放感だけはありました。あれからもう75年、戦後100年はもうすぐですね。


中嶋 力
私は、福知山大江町、有路に、集団疎開をしていました。大江町-戦争体験記編集委員会(語り継ぐ追憶)に私の長い文章がありましたが、その終わりの一部を記しておきます。
半年前まで日本の国は神の国だ、どんなに日本の国が負け
そうになっても、神様が日本の国を勝たしてくれると信じていましが、結局、日本は負けました。私は飢えと淋しさに日本が負けた勝ったに関係なく、ただ早く母親のもとに帰りたい一心でした。
昭和20年10月、終戦2カ月後、京都二条駅に戻りました。母親のもとを去って八カ月、笑顔で立って迎えてくれている母親に泣きながら飛びつきました。それは小学校四年生の二学期でした。


島田武俊
毎日朝目覚めるとベットの上でラインを見るのを楽しんでいます。今朝見ているとどこに触れたのか訳のわからない事を発信してしまい大変迷惑をかけ申し訳ありません。なにぶん初心者🔰ですので。昭和20年4月に新洞校は網野町へ集団疎開でした私も2ケ月ほど行っていましたたしか錦林校も網野校だったと思います。終戦の日は富山県高岡市大変におりました大変良い天気で暑い日でした昼に重大発表があるのでラジオを聴くようにとのこでしたが我が家ラジオが有りませんので近所家え行きましたが雑音が多く聞きとれませんでしたあと で大人の人から日本が負けたらしいと聞きました
毎日朝目覚めるとベットの上でラインを見るのを楽しんでいます。今朝見ているとどこに触れたのか訳のわからない事を発信してしまい大変迷惑をかけ申し訳ありません。なにぶん初心者🔰ですので。昭和20年4月に新洞校は網野町へ集団疎開でした私も2ケ月ほど行っていましたたしか錦林校も網野校だったと思います。終戦の日は富山県高岡市大変におりました大変良い天気で暑い日でした昼に重大発表があるのでラジオを聴くようにとのこでしたが我が家ラジオが有りませんので近所家え行きましたが雑音が多く聞きとれませんでしたあと で大人の人から日本が負けたらしいと聞きました


久世博子
東京品川に生まれ、小三年3月末に縁故、父の従兄弟の家に、三年上の姉と一緒に御世話になりました。
父の兄嫁、その子供 男、女、女、女女 五人。父の兄は亡くなって居られず、従兄弟の兄が当主として支えておりました。その子供が男の子2人計11人の生活でした。疎開先は、滋賀県須惠 。
子供ながらに、藁草履、縄、ござ、綿、味噌、飴、子供の子守、御経の読み方等教わり、いい思い出となりました。
昭和20年3月11日に三才上の姉の受 験の為東京に 戻りましたが、10日の大空襲で、亡くなられた遺体がトラックに山積みされ上からテントの様な布を覆い何台も運ばれる。思わず手を合わせて頭を下げました。
姉の受験 も終わりますます回りが焼け野原に、危ないと母の弟に云われ京都の祖母の家に暫くお世話に、4月1日に移動しました。必要な家具等父が六割りで送れるように、荷物を造り玄関に積んで居ましたが、罹災証明書が無く、4月16日に丸焼けになり、長女は医師の為、必要な医学書を竹で編んだ黄龍を背負って東京駅まで逃げたら本が茶色に、又次女は、師範学校の本が、焼け焦げ恐ろしさに京都に飛んで帰って来ました。兄は特攻隊に取られましたが飛び立つ前に終戦、命は助かりました。医師の姉は傷痍軍人の手当て等仕事が有りました、目黒の家に女医3人と暮らしそこも焼けて。我が家はスッテンテン。
戦後22年に父が亡くなり、母1人子供5人、何も云わず育ててくれました。大変だったね、子供も各々一人逹。母の90才の人生私も目指して頑張りたい�
終戦の玉音放送はラジオの前に座り京都の祖母の離れで聴いて居ました。小三年で四回の転校でした。
疎開から帰ったら家が疎開で変わってました。


土生 幸
朝から娘夫妻とお墓参りをやっと済ませホットしています。谷町九丁目で地下鉄にのらねはならずよういかなかったのですが、車を出してくれたのでたすかりました。
さて、昭和二十年終戦の日、私は亀岡から山の方に入った山村にいました。玉音放送があると母から聞きお昼になるのを待ってラジオのまえにあつまりました。がーがー雑音か多くて何を言っているのかよく理解出来ませんでしたが、母が竹槍でも闘うつもりだったのにと悔しがっているのを聞き戦争が終わったと理解しました。母にはわるいけ どもう敵機から逃げなくてよい、嬉しいなあ❗️と思ったのを覚えています。一つ下の妹は「アメリカ兵が 来たら殺される、早く竹藪に逃げよう。」と母に言っていました。その夜母が電灯にかけてあった灯火管制の黒い布をはずしたのでこんなに明るいとと思ったのと小躍りして喜んだのを覚えています。今、小学生の孫が「ガラスのうさぎ」を読んでいます。体験かないのでいろいろ言葉を聞いてきます。伝えていかないとと思って説明しています。


桐木美恵子
昨日はお墓参りで今日はちょつと(げっそり)疲れ気味�
戦時中の思い出はs20年新学期より兵庫県に縁故疎開しました。
田圃と村の鎮守の森とお社と大きな川が浮かんできます。
家の外に倉庫があって反対側に牛小屋があり大きな牛が藁や菜っ葉をたべてましたね。
年上の子供仲間内で何か大きな爆弾を打ち上げて地球が回ってアメリカの上空にきたところで爆発する仕掛けになつてて日本が勝つのだと話してました。そしてある時日本が負けたこと知りました。
秋になって父が迎えにきて復員兵士がいっぱい乗ってる汽車の窓から中へ押し込んでもらい帰ってきました。2学期に小学校に行ってみるとみんな痩せて青白い顔していてびっくり� 自分が肥って帰ってきたのが恥ずかしかったですがその内すぐ痩せてきました


大多和伸世
大多和です 終戦の時は台湾でした 新天という所です、地ワン人の民家の広場で放送を聞きましたやはり雑音ばかりで何が何だかわからない内に終わりました
不思議に思ったことはその後直ぐ台湾人の日本名の標札が台湾人名の物に欠け変わっていたことです  同じように雑音で聴く難かったはずなのに? あのひとたちあにはわかつていたのかな? 未だ私には分かりせん。その後は中国や、朝鮮と違って大変平和でいつし浮かんしないうちに豊富にでました
あとは引き揚げ船で帰って参りました途中広島を見ようと思いましたが真っ暗でにも見られませんでした


本庄嘉子
今は京都市右京区ですが当時は北桑田群山国村という田舎に疎開していました。我が家は代々油製造業を営んで油屋でしたがその時の番頭さんの家に1人預けられました大きな農家で子供もいなかったので大事にしてもらいました。空襲もなく呑気な環境でした。8月15日は雑音のひどいラジオを皆で聴きました。 負けたげな と後から聞いて敗戦を知りました。家も無事だったし、周囲の人々も何事も無かったし、ボンヤリの10歳の私には私の15日と言えるほどのものはなく今まで迷っていました。

同報メールでお尋ねしました 「お聞かせください8月15日」

大賀昭彦
私と兄は、終戦のあの日、疎開に祖母の実家の岡山県津山市の片田舎におりました。戦争が終わったことの知らせを受けた時、これで 京都の寺町御池に帰れるとの子ども心での喜びを感じ、近くの川に裸で飛び込んで、はしゃいだことが 今でも忘れられません。京都には 爆弾は落ちないのに なぜ こんな不便なところに押しやられるのか、、、、って 父母の心配をよそに不満たらたらの毎日でしたからね。今、 84歳、 卓球とジャズヴォ-カルに専念する毎日ですが、これらも 父が寺町御池の写真館・写場のあとにおいてくれた手製の卓球台そして 戦後、帰国記念の写真を撮るために訪れた米兵が父にプレゼントしてくれた一枚のレコ-ド、キングコ-ル の唄う ”Too Young ” がきっかけでした。そして 今日も 健康で楽しい日々を送らせて頂いている源泉は 両親をはじめ皆様方のおかげと感謝感謝の毎日です。是非とも On Line でお会いしたいものです。


谷村賢治
815日の思い出:
終戦時住んでいた家は今の中京税務署の近くでした。それまで住んでいたのは今は大通りになっている御池通りで3月頃に南側全部強制退去させられ移ったところでした。住んでいた家が壊されるのを見るのは寂しいものです。当時みんなと一緒の疎開が多かったですがそれには参加せず縁故疎開で木津に一時いきましたが友達もなく寂しいのでこんなところで死ぬのは嫌だ、みんなと一緒の方が良いと家に戻っていました。朝から友達と外で遊んでいたらお昼前にそれまであった人通りがパタッと消え家に帰ったら母がガーガーピーピーと聞きづらいラヂオを聞きながら「日本負けた~」と言って肩を落とし仏壇の前にペタッと座り込んでいました。そんな寂しそうな母を見たのは初めてでした。今でもそんな姿が目に浮かびます。直接玉音放送は聞いてはいませんでしたが子供心に「負けた」意味が良くわかっていなかったと思いますがこれで召集され伏見練兵場にいた父が帰ってくるかもと思ったかすかな記憶があります。決して明るい記憶がない815日ですがこの日があったから今日につながっているわけで忘れられない日でもあります。