ギリシャ・ローマ世界の大都会が破壊され、ビザンチンに新しい帝国が誕生。ローマ皇帝コンスタンチヌス1世がこの場所に遷都した。

現地情報



トプカプ宮殿


1461年モファメット2世の命により建立。スルタンの宮殿

トプカプ宮殿入り口



奥にハレムがある。千人以上の女性がいた






























街の様子


電車道と歩道で車道がない

ヤミのタクシーが横行している。黄色のタクシーは安心とガイド書に書いてある。
要注意正規のタクシーでも、乗るときには値段を決めた方がよい。


ガラタ橋の向こうに見えるガラタ塔。以前は「飛んで飛んでイスタンブール」自殺の名所。
今は第二ボスボラス大橋


ガラタ橋(新市街と旧市街を結ぶ橋)



船着き場ーウスクダラ

ローマ時代の水道橋



ブルーモスク(スルタンのモスク)









アヤソフィア



天井画-もともとキリストの寺院だがイスラム教全盛時モスクとして漆喰で塗られていた。

1934年アタチュルクにより剥がされて無宗教の博物館になった。





霧に煙るブルー・モスク


グランド・バザール


モファメット2世によって1453年建設。
1880年の調査店舗数4399 値切ってキリムを買いました。


グランド・バザール入口付近は黄色のヤミ・タクが多い



ベリーダンス
動画